中小企業で活用できるM&Aとは

M&Aと聞きますと、やはり大企業の専門事項のように思われています。M&Aを日本語に訳しますと「合併&買収」ですから大げさなイメージがあるからです。



中小企業には合併や買収は似合わないと思っている経営者がいます。

エキサイトニュースが勢いに乗っています。

確かに一昔前まではこの考え方は間違いではありませんでした。

しかし、最近は違います。


今は中小企業が事業の継承のために利用する事例が増えています。
中小企業の問題点は人材が少ないことです。
大企業になればなるほど従業員の人数も多いですからそれだけ人材も豊富ということになります。

M&Aの情報をお届けします。

生え抜きで社長に向いている人がいる確率も高くなって当然です。
ですが、中小企業の場合は同族で経営をしている例が多くあります。

そのような企業では創業者の後継者で問題が起きることがしばしばあります。

親類に男性がいないこともありますし、そもそも事業自体が時代の変化に合っていないこともあります。


このように中小企業の一番の問題点は後継者です。

このときに効果を発揮できるのがM&Aです。

企業を売却するのです。

これによって後継者を探す必要もありませんし、うまくいけば売却金額を手に入れることもできます。

このように説明は簡単ですが、実際に実務となりますといろいろな問題が起きてきます。


それは売却先を見つけることが個人では困難なことです。


中小企業のM&Aは最近増えてきたことですが、これまで一般化しなかったのはまさに企業の売買をするシステムがなかったからです。

システムが整備されなければ売却で最も難しい価格の設定などができません。

しかし、近年は中小企業のM&Aを得意とする企業も出てきますのでそうした企業を利用することで敷居は格段に低くなっています。